一応、完成したのだが


f:id:ca18:20210507183701j:image


f:id:ca18:20210507183714j:image

結果から言うとアークに移行できずに失敗かなぁ

母材の下地処理(酸化皮膜)しても変わらずダメだった。

前回はもう少し強力な火花放電があり、そこで更にタッチスタートをさせると、なんとかアークに移行できていたのですが

今回もすんなりはいかずでした基板を使って回路をテストしてるとギャップで火花が出ず関係ない所で火花放電してしまっていて

調べると基板を使った事により基板の裏のスルーホール?!円形の銅箔みたいな部分、電子部品をハンダで固定する部分で火花が連鎖してしまっていて

仮にグルーガンで処置してみると変わらずに放電💧

なので基板裏の使ってないスルーホールを全て剥がして再びテスト

今度はギャップ部分で火花放電するようになり、しかしまだ若干、抵抗器辺りで僅かに放電していて

仕切りの板やら熱収縮チューブやらグルーガンなどで徹底的に絶縁処理

やっと余計な部分での放電が収まり溶接テスト!

しかし、アークに移行できない!

次に高耐圧発生器を公表は確か10kvから400kvにチェンジ!

確かに火花は強くはなったが400kvはウソだと思う

で溶接テスト、かなり惜しい…もうチョッとな感じ粘ればたまにアークに移行しそうな感じはある

ガスももったいないし、実用性はあまり無いので諦めるかなぁ…他にも、つい衝動買いしてしまった強力で壊れない感じのネオントランスなる物まであるにはあるのだが使うのが怖い

試しにコックウォルトン回路?!みたいのを1ブロック追加してみたのですが

コレがまた強力で💧

追加した回路が仮組みだったのもあり余計な部分で(追加部分)で20ミリくらい離れてる部分で20ミリくらいの激しい放電でとっても怖くなり、そこで止めました💧

この溶接機はトランス式で、それだとたぶん立ち上がりの電流が弱すぎるのでは?!ないかと思うもう少し何かしないとアークに移行できないと思う

もぉ自分の知識などでは限界かなぁ

一時でしたがアルミ素材でアークに移行できただけでも良しとしましょう!回路もナゼそうなるかは当然、理解してなくwなるべく巻数などを変更して強めな火花放電が出るようにしたつもり火花放電回路もスッキリ溶接機内に収まり良くできたと思いたいw

最近はアルミ溶接にハマってます

アルミ溶接にハマってると言っても

ちゃんとできるわけではありません!

 

正確にはアルミ溶接をできるようになる事にハマってるのかな?!

200v改半自動ガス溶接では、それなりにできるようになったのですが、

もう一つの交流アーク改TIG溶接機はギリ試験的にアークに移行できるようになって

あの時の火花放電はトーチ側の溶接ケーブルを通さない別回路にて火花放電させていて(タングステンの隣に別回路の端子と母材との間で放電)普通のTIG溶接機はタングステンと母材との間に火花放電が出るはずで、そこらをなんとかならないかと手持ちの直流TIGや主にプラズマカッターの回路を真似て回路を作りテストすると、


f:id:ca18:20210503123505j:image

溶接ケーブルを通して、ちゃんとタングステンと母材との間に火花放電が成功!


f:id:ca18:20210503123524j:image

普通のTIG溶接機と同じくらいの強さの火花放電は出てる感じなんですが前の別回路放電より、やや弱くコレだと非力な改造TIG溶接機ではアークに移行できそうもない強めな火花放電と同時にやらないとアークに移行できなんです。


f:id:ca18:20210503123654j:image

仮組みして何度かテストしたのですが今度はアークに移行できそうでできなかった

そんな中…

頭の中ではアルミ溶接できるTIG溶接機を買うか…イヤしかしお金が無いでもぉ安いのならって…少し前からヤフオクを見てたのです

送料は4500円で高めなんですが相場は3万チョイ高い時で4万くらい3万以上は無理だなって2万くらいで残り10分くらいのがあり試しに25000円で入札、時々ある自分の変な所なんですが、まっダメだろって思いと、誰か高値更新して俺を諦めさせてくれって思いw

すると25000円で落札3週間くらいは見てた中では1番安い落札!


f:id:ca18:20210503124724j:image

嬉しいのか嬉しくないのかビミョー💧

コロナで収入が減ってるのでキツイのですが…

アルミ溶接に使ってみたのですが、溶け込みはしててできるのですが

キレイなビート(ウロコ)ができない、やり方が悪いのか?!トーチ移動が遅すぎて溶け込み過ぎるのか?!

溶接の設定がわからない、そんな状態なので溶接機が悪いのかどうかもわからない💧

電流もイロイロ調べてみたのですが融点が低いアルミですが酸化皮膜の関係で鉄などよりも電流を高めにするなどあったり人によってやり方もイロイロで薄板1ミリなどで30Aだったり100Aだったり自分でやった感じ初めは110Aがやりやすい気がして…わからない

場合によってはアルミ溶接できるTIG溶接機でも、なかなかアークに移行できなかったり難しいんです!

母材を処理!忘れてました💧アルミでもイロイロありなかなかシロートには判断が難しいらしい、そのまま溶接できる母材なのかとか

そこでワイヤーブラシで処理したあとやると30A以下でもアークに移行できるようになり設定もあると思うのですが、まっできるのかな、わかったのはちゃんとしたTIG溶接機でもやり方が悪いとできないんです!

でも…(ノーブランドで怪しいです!Amazonでもかなり高額、各種設定が反映されてるのかがわからない💧)今、思うとAmazonで買える多くの方が動画アップしてる溶接機48000円くらい送料無料のが良さげに思う

で…アルゴンガスがもう無いので💧(溶接テストなのに出し過ぎか)

改造TIG溶接機は諦めるかと思ってたのですが母材処理して、アルミ溶接に慣れてからやれば、もしかしたらできるかもしれない

コイツは確か200v時で110Aか120Aまで出力できるらしく…実感的にはには最大85Aくらいかなぁアルミ溶接できる出力はありそうな気がした

なので一応できるとこまで部品を組み立て、できれば溶接機の中に収まるように進行中


f:id:ca18:20210503131627j:image

 

交流アーク溶接機TIG化

https://youtu.be/Hzt8sZOJ1S0

実験できるまで来ましたが(アルミ溶接)

イマイチ電流が弱すぎるようでアークが安定しません、電流が強ければタッチスタートもできるらしいのですが

電流を最大設定にして高電圧放電も強めにするとやっとアークが発生するかくらいの感じ

溶け込みも甘く半自動アルミ溶接より落ちる感じ実用性は無いです

とりあえず高電圧放電が出なくなり中断しました知識が無い人がやってるので非常に危険です💧

本当にアルミ溶接できるの?!

自分でも本当にアルミ溶接できていたのか?!たまたまできたように見えたのか?

なんて半信半疑に感じていたので

やってみようとテストから


f:id:ca18:20210410130559j:image

アルミ板0.7ミリくらいかと思う

一度カットして突き合わせ溶接

上側から点付けまでは良かったがスグに穴が空いたので下の方をカットしてやり直し

同じく点付けまでは良かったが穴が空いてしまいダメ元で穴を埋めるように溶接、あっできたかも

なので初め空けた穴も埋めるように溶接

できるね!

で次は実用的な溶接


f:id:ca18:20210410131209j:image

前にセルギアのプレートが外れてトラブった時のフェイス(小径&フィン加工あり)

仕上がりはチト振れもありピンホールも数カ所ありイマイチなんですが修正できたと思う

次にプーリー(横綱100用)コレもトラブった時にプーリー裏側の一部が欠けてしまったが特に問題なく今も使っていた


f:id:ca18:20210410131823j:image

まぁ見ての通りな感じで2ヶ所浅いピンホール穴が空いたような部分があるけど溶け込みはまぁまぁな感じでリューターで削ってる時の感覚だと強度もありそうなのでポロっととれるような事はないと思う

先程、車両に修正したプーリーとフェイスを組んできた…使っちゃいます💧

やや不安w

とりあえずアルミ溶接は、できているようだ

アルミ溶接にチャレンジ!

最近やってる事

イロイロやってるのですが…どれも中途半端なw

アクシス90や3RYなどのレストアもやはり放置で他にやる事なければやりそうなんですが

気になる事からやってるので

そんな中!今、気になってるのがアルミ溶接

200v改半自動溶接機のガス化ができる頃には頭の中にはアルミ溶接も考えていて気も早くアルミソリッドワイヤーを買ってあったのです!


f:id:ca18:20210406125411j:image

アルゴンガスがあるのでやってみるかってなりやってみたのですが難しい!


f:id:ca18:20210406125715j:image

チップの所でワイヤーが融着してしまい、そのままワイヤー送りをするとモーター付近からワイヤーが飛び出てきてグチャグチャに!

そんな状態で試験的にできたのが写真


f:id:ca18:20210406125919j:image

根本的に何かがダメなようで、なじまないと言うか溶け込まない点付けのような事はもっと難しい


f:id:ca18:20210406130135j:image

しかし厚みのある物なら溶け込みはしてる剥がれたりはしないようだ

しかし何かが変…

んで、もう一つ目論んでいたガス用接続の直流トーチ側+ではなく、交流によるアルゴンガス溶接!

しかし甘くは無かったなかなかアークも発生しない

まださっきまでの直流のほうが良かったって事で戻したのですが…

もしかしたら結線を間違えてたカモなんです

ざっと確認はしたつもりでしたが

再び交流にするのがめんどくさいので諦めモードに💧

ココまでは2~3ヶ月くらいか前の出来事で暫く放置

そして新たに少し前からやってたのが

100v200v兼用の交流アーク溶接機を改造して

交流TIG溶接機に!そんな甘くはないはずw

100v半自動溶接機を買ったのと同じくらいだったと思うのですが100v200v兼用の交流アーク溶接機を買っていて実際に電動ウインチの台座などを作るのに使ってました


f:id:ca18:20210406132236j:image

少しだけ使って、その後は出番無し

コイツをTIG溶接機にできないものかと最近やってましたが


f:id:ca18:20210406132356j:image

かなりシンプルな作りです


f:id:ca18:20210406132438j:image

組み込み予定な追加部品やパネル加工、そしてトランス位置を少しずらしたく(スペース確保の為)しかしコレが後でイロイロ不具合がw

コイツは電流調整をトランスの鉄枠の一部がズレる事によって出力が変わるようにできていて、それが前のクルクル回すハンドルでやるようになっている

左側にずれた分パネル穴位置が合わなくなりハンドルのクルクル回る円がパネルに当たり回りずらくなり更に後ろにずらした分鉄枠一部が当たってしまい最高出力までてきなくなってしまうなど、結局左側にずらしただけにしてなんとかなりましたが



f:id:ca18:20210406133335j:image

入力は200vに固定しました。


f:id:ca18:20210406133255j:image

見た目は、やる気ありそうなんですが

いろいろテストしてましたが今日ほぼ諦めな感じにw

まず高電圧の放電が発生しない

単独では溶接ケーブル根本辺りに放電装置を結線すると、ちゃんと母材とタングステンにトーチスイッチを押すと放電するリレーの設定でスイッチを押して何秒継続とかイロイロできる

しかし溶接電流と同時にやるとダメなんです

たまたま何かやってて発見したのですがトーチ側とかを結線せずに微妙に離してやると離した所で放電するのですが、その時にタングステンが母材の近くにあるとそこでも放電していて、これだと溶接電流があっても放電していた

そこで高電圧発生機の片方をタングステン近くまで別配線でもっていき見た目は悪いがなんとかテストできるとこまできた

トーチスイッチを押せばアルゴンガスは出ている

タングステンあたりから放電もしている

溶接電流は交流

アルミ溶接できそうな感じ

ここら辺りの作業は写真は無い

少しアークが発生する!しかし安定しない

かなり惜しいとこまで来ているような気はするけど、まっ失敗かなぁ…

とりあえずトーチを手棒溶接ケーブルにワンタッチで変える事ができるようにしてあるので本来の200v交流アーク溶接機としては使える

ココまでがさっきまでの、お昼前の話しw

でTIG化失敗溶接機を片付けて再び200v改半自動溶接機にアルゴンガスを繋いでテスト…

あまりうまくできずに片付けてると重大な事実が…アルゴンガスの栓を開けてなかったw

なのでまたテスト

①チップの詰まり(融着)は、とあるやり方で前回のうちに克服と言って良いような感じに対策済み

②ワイヤーは早く送る(ココもチップ詰まりにも関係ありそうな)

③溶接電流は弱く

④溶接移動スピードは早く

まだまだ不慣れな感じではあるもののアルミ溶接できると言って良い感じになってきた


f:id:ca18:20210406141101j:image


f:id:ca18:20210406141149j:image

厚みのある物はイケそうな感じ薄板が難しい!

もう少しコツをつかめば、もっとイケるかなしかし苦労が少し報われて嬉しいかもw

 

 

 

 

ワイヤレス充電台作ってみた

しかし便利な世の中でして

スマホなどがワイヤレス充電できるんですね

因みに自分のはQI非対応なのでレシーバーを付けてる

左側は百均で500円ので右側はAmazonで1300円くらいので能力に違いは無い気がする

アダプターも強化しないと充電が遅い気がする


f:id:ca18:20210323181312j:image

 

エアコンプレッサー弄り過ぎか?!

気になる部分が一度に気がつけば何度もやる必要ないのですが

コレで3回目かくらいな全バラ

今回の本来の目的はサーキットブレーカーを付ける!

モーターの巻線の絶縁塗料が溶けて融着してるのをなるべくバラバラにして絶縁塗料を塗っておくなど

前オーナーはブレーカーが本来あるはずの圧力スイッチを別の圧力スイッチで稼働させていてブレーカーが無いまま無理やり使っていてモーター巻線が焼けたのではと思う

1ヶ所、巻線とリード線の断線でしたが巻線のほうはギリギリセーフだったのか?!手直ししなくても稼働はできていたのですが

手を出してしまった


f:id:ca18:20210313190353j:image

とりあえず焼けた耐熱スリーブなどを交換して慎重に巻線をバラバラにしていたつもりが巻線を断線!

微妙に繋がっていたのか断線していたのかわからないのですが結果的に断線していた

一度、圧着端子を半分くらいにした物で圧着してヨシにするつもりでしたが

アレコレしてるうちにカシメが甘かったほうがポロッととれてしまい

初めからやり直すつもりでカシメた圧着端子を外そうと苦労していると

今度はアルミでできた巻線が折れてしまい短くなってしまった


f:id:ca18:20210313190416j:image

それまでは端と端がつくような感じてしたが

更に最悪な状態に💧

巻線の巻き直しなんて業者もあるようですが絶対に高いだろうし、

銅線だったらよかったのに…

実は圧着端子の状態で組み付けて稼働させると普通に動いたんです!

なんとか導通するように繋げれば使えるだろうと巻線の修復にチャレンジ!

こんなやり方は邪道で危険かもしれません!


f:id:ca18:20210313190832j:image

圧力スイッチの上にあるのが作った材料

巻線と同じくらいなアルミのワイヤー(短くなってしまった用)

スズメッキ線をスプリング状にした物(切れた端と端を繋ぐ用)

その他(熱収縮チューブ、絶縁塗料など)

繋いでフラックスを少し湿らせ半田付け!

アルミには融着してないと思うが実物の前にアルミワイヤーで試験的にやると抜けるような事は無く半田がシッカリ流れこんで外れなかった

その後に熱収縮チューブと耐熱スリーブを被せてみた


f:id:ca18:20210313191723j:image

それから巻線を結束させる紐を一部カットしてしまってるので耐熱の紐(ホビー用)

細いので8重くらいにした物で元の耐熱紐と接続して適当に巻いておいた


f:id:ca18:20210313192021j:image

何度かバラして組んでいるので、組み付け手順やコツがわかってきて、ちゃんと組めるように上手いことできている!

モーターコアのシャフトは、できればケース本体の真ん中が良いが5ミリくらいなズレは許容範囲みたいな感じがした

でも自分はギアプーラーを使いシャフトを真ん中におさめてみた、初期にはハンマーで叩いていたが良くなさそ!

ケースを合わせる為のボルトとナットは強く締めてはならない!

モーターコアのシャフトに負荷をかけない為と思う

スプリングワッシャーが入っているのと緩み止めナットがその為かな

自分はナット側にネジロック剤をしておいた

そしてピストン位置は下部のコンロッドみたいな固定ボルトで決まるのでスリーブの真ん中にくるようにしてからボルト締め

ピストンリングみたいなシリコンっぽぃリブが少し荒れていたのでペーパーなどで均しておいた

コンロッドみたいな部分にカウンターみたいのがあり、ココにSとかNとか刻印してありタイミングは半月状の所にボルトが当たるように締めればOKみたい


f:id:ca18:20210313194156j:image

サーキットブレーカーはネットに同機種の取り扱い説明書があり(下部の左側写真)

似た構成にしてみた

サーキットブレーカーを割り込ませる配線はわからなかったが普通のヒューズを組み付けるような感じにしてみた

配線は各方面で調べたけどわからなかったのでココだけ知り合いの少し電気に詳しい方に聞いてみたら、やはりブレーカーが無いのは火事などの危険もあり怖いのでサーキットブレーカーなり無ければ普通のヒューズを噛ませたほうが良いとアドバイスしてくれた

この方はシロート質問はなかなか相手にしてくれない方なので…なかなか質問しずらいw

…で、稼働させてみた!

動いた!8キロで止まる5キロで再充填スタート

あっ圧力スイッチなんですが分解して復帰した物はアレコレ弄り過ぎて再充填を5キロにしたかったが、どうしても無理で、そのうち内部の部品稼働部が少しガタガタしてきたのでAmazonで5キロ再充填ってのがあったので買って交換した

一応、直った!5回くらいは稼働させているがいまのとこは大丈夫

…しばらく使えると良いのだが